サギ

お客様からの被害例

新潟 赤松の木に50ヶ所ほどの巣があり困っています
宮崎 神社の大木にシラサギが来ます
長崎 あおさぎが魚を食べて困っています

・・・・・サギの被害に関する問い合わせは他の鳥と比べると少ないですが、ここ数十年、生息域が拡大しているため人との関わり合いも増え、トラブルも増加しています。

サギの生態

水辺に住む、すらりとした大型の鳥で、長い首ととがったくちばしで魚や水生動物をつかまえてエサにします。サギ類は世界で約60種生息し、日本には約18種が生息しています。夏の田んぼなどでよく見かける身近なサギ類は、アオサギ、ゴイサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギなどです。サギ類のくちばしや羽の色は季節によって変化します。サギ類は繁殖期以外の時期でも集団でねぐらを形成します。

 

サギの繁殖

繁殖期は4月~8月です。集団繁殖地(コロニー)を作って繁殖を行います。木枝や草を用いて皿型の巣を作り産卵します。1本の木に数十もの巣を作ることもあります。産卵時期は4月~7月。抱卵期間は3~4週間で、その後巣立つまで1か月から2か月を要します。

 

サギの被害

都市化が進み、営巣に適した場所が少なくなったため、住宅付近にコロニーが形成されることがあります。人家と接した林でサギ類が繁殖すると、鳴き声や雛の糞、悪臭や騒音に悩まされます。また飛びながら糞をするので、コロニー付近の人家は洗濯物や車に糞の落下被害があります。ある動物園では、オリの上に営巣したゴイサギが、飼育しているペンギンのエサ(死んだ魚)を食べてしまうという被害もありました。こうした被害を防ぐには、対策と同時に適した場所を提供し、安心してコロニーが作れるようにすることが大切です。

 

参考文献
日本大百科全書
ONLINE野鳥図鑑
Wikipedia
身近な鳥の図鑑(平野伸明著)
日本の野鳥590(真木広造 大西敏一著)
文章素材集
サギ類の集団繁殖地と集団ねぐらの現状と動(www.biodic.jp>reports)