HOME > バードストップ「B-ST」と器具の組み合わせ施工

バードストップ「B-ST」と器具の組み合わせ施工

ネット、剣山(ピン)、ワイヤー、磁気施工などの欠点を克服出来ます。


剣山(プロテクター)を使って対策を行ったが
手前の隙間にハトが止まるようになったので、
そのスペースにB-STを設置。


建物のパラペットに剣山(ピン)の施工をし、
B-STを中央に設置。


ネットを取り付けた金具の上に
ハトが来るようになったのでB-STを設置。


吹き抜けの点検孔をネットで遮断し、
手前のケーブルラックにはB-STを設置。


ワイヤー(磁気玉付)で対策済みだったが、
磁気が強力でないためB-STを設置。


ワイヤー(磁気玉付)を取り付けたが、
ハトの糞(白いしみ部分)が多く点在するように
なったのでB-STを設置。


ビル3階通路、手すりにスプリングを設置、
同時に、奥のパラペットには B-ST を並べた。


ビル通路のパラペットにワイヤーを張ったが、
ハトがすぐ慣れてしまったのでB-STを設置。

※このようにバードストップ「B-ST」を併用することで、完璧な対策をとることが出来ます。