忌避剤 世界に販路 鳥害対策工事「あんじん」


鳥害対策工事を手掛ける「あんじん」(伊万里市、小島安博社長)が海外市場の開拓を本格化させている。独自に開発した鳥の忌避剤「B-ST(バードストップ)」が好調で、国内のほか、イギリスやシンガポールなど4カ国・地域で代理店を展開。大手商社を介した国際取引も軌道に乗りつつある。

 

小売店での販売依頼もあるが、効果に責任を持つため、全国の建設会社など約50社と代理店契約を結び、塗布作業まで一貫して手掛ける。鳥の被害は「世界共通」(小島社長)で、イギリスとシンガポール、スペイン、台湾にも拠点を設けた。

 

代理店置く4カ国をはじめ、ニュージーランドやタイ、韓国など10カ国以上で使われている。今春には国内の大手商社を介して、東南アジアの日系工場などでも利用されているという――――