鳥害対策4,500件。海外にも市場を開拓


鳥害対策を手掛ける「あんじん」=伊万里市=は10月、シンガポールで開かれた建築関連の展示会に自社のハト飛来防止剤を出品した。国内で実績を重ね、海外展開に力を入れる小島安博社長(62)に今後の戦略などを聞いた。
 
「バードストップ」は植物性の成分をもとにしたジェル状の忌避剤で、建物などに塗布する。ハトは匂いが体に付着するのを嫌がり、ほかの鳥にも効果がある。鳥や人には害はない。国内では工場や駅など4,500件以上の施工実績がある。
 
海外からのメール問い合わせがぽつぽつとあったため、昨年11月にスペインとフランスの展示会に出展してみた。今年のシンガポールの展示会でも250人と名刺交換。タイなどの企業のからも引き合いがある。
 
来年は創業30年の節目を迎える。2,3年は海外展開を強化する。市場開拓をたとえて言えば、100段の階段のうち、1段目にも足が掛かっていない状態。「いい製品だね」という声を聴くと営業の心が燃え、遠くても足を運びたくなる。