鳥を自然成分で追い払う


歩道や窓ガラスを汚す、ハトやカラス、ムクドリなどのフン。鳥害は想像以上に厄介なもんだいです。そして、その被害は重大なストレスとなり、われわれ人間や建築物、そして周辺へと悪影響を及ぼします。これらの害を防ぐため、植物性の忌避剤を設置して追い払う手法が注目されています。
 
鳥害は広い範囲に及びます。帰巣本能などにより被害がひどくなるほど対策は大変で、一般家庭では手に負えない状態に。しかし、野鳥は鳥獣保護法で逮捕や薬殺が禁止されているのです。
 
今、注目されている忌避剤は、佐賀県伊万里市のビルメンテナンス会社「あんじん」が約10年前に開発した「B-ST」。鳥が嫌がる成分を含む植物性のペーストで、人に無害なほか、鳥を殺すこともありません。
 
3年間完全保障付きで、コストの目安は1平方メートルあたり5000円、マンションのベランダなら一戸あたり2万~4万円程度と非常に安価なのもポイント。