街路樹のフン害防ぎます。


鳥対策工事のあんじん(佐賀県伊万里市、小島安博社長)は3月、街路樹に鳥が寄り付かないようにする薬剤のセット商品を発売する。
 
都市部では宅地開発など緑地が減少したため、ムクドリなどの群れが数百~数万羽単位で街路樹に飛来することが多く、フンによる周囲の汚染などが問題になっている。
 
同社は富山市で試験的に導入したところ、効果が確認できたため販売を決めた。パレット上に薬剤を盛り付け、樹木の上部の枝に設置すれば、鳥が寄り付かなくなるという。
薬剤は化学物質を含まず、植物性の物質を採用した。