フン害防止・人畜無害、景観にも配慮


ハトにやさしい撃退薬―――
京都市右京区の大覚寺の五大堂(本堂)では、観月台で催す茶席に、ハトのフンや羽が落ちてくるという被害に見舞われていた。そこで、佐賀県伊万里市の「有限会社あんじん」の関西、東海地方の代理店を務める三重県松坂市の「あんじん東海」先月下旬、屋根の一部に忌避剤を塗る工事を行った。
同社は「その後、ハトの姿を見かけなくなった。忌避剤はハト避けのネットやワイヤと違って目立たず、景観が守られる点も寺院をしてうれしい」と話している。