“ふん害”ならお任せ 松坂で忌避剤を塗布


鳥害駆除のあんじん東海(松坂氏嬉野中川町、笹井均代表)が八日、同市東黒部町のJA農作物販売店「きっする黒部」に、ハトが近づかないようにする忌避剤を屋根や看板に塗布した。ハトのふん害に頭を悩ます店舗が増え、依頼が増えているという。
忌避剤は、鳩が嫌う植物とハーブ系植物油を混ぜたもの。ペースト状の薬剤の「におい」がハトを近づけない働きをし、カラスやスズメ、コウモリなどにも効果があって「人にも環境にも優しい」(同社)。

(依頼者の)森本さんは処理後はハトがその場所を迂回していくのが見えますよ」。と話した。