深刻なハト公害に朗報! 植物性の忌避剤で撃退


事務所の屋根にハトが住み着き、ハトの糞と舞い落ちる羽に悲鳴を上げた持ち主が、たまりかねて、自らハト駆除の新事業に乗り出した。

ハトは保護鳥で駆除の手段は限られている。インターネットを使いハト駆除の手段を探しぬいて、ついに、ハトにも人体にも害を与えず、植物性の忌避剤でハトを駆除する佐賀県伊万里市のベンチャー企業「有限会社あんじん」を探し当てた。工事を依頼したところ、同社は九州一円の注文で手が回らず、逆に東海地区の総代理店を依頼され、引き受ける羽目になった。急遽、佐賀県で厳しい研修を受け、一月末、事業を立ち上げる事になった。