ハト飛来防止工事


住宅メンテナンス業、あんじん(本社佐賀県伊万里市、小島安博代表取締役)は、建物などのハト被害を防ぐ「防鳩工事システム」を開発した。
ハトは保護鳥で、捕獲などの駆除ができないため、ふんで建物を汚したり、アレルギーや病気を媒介するなど人への被害も少なくない。ネットや器具で飛来を防ぐ方法はあるが、ネットが破れたり、ハトが器具に慣れると効果がないなどの欠点があった。
同システムは、建物などに同社が開発したハトが嫌がるにおいを含んだ植物性の忌避剤(人体には無害)を塗布する方式。2-4週間でハトが寄りつかなくなり、数年間は効果が持続するという。